日常に使える防災備蓄品

防災用品用としてわざわざ用意しなくても、普段のストックが備蓄水となるウォーターサーバー

いつものストックが備蓄水に

阪神・淡路大震災、東日本大震災、季節を問わず続く自然災害を目の当たりに、日本国内での防災意識が高まっています。防災用品として、ペットボトルの水や缶詰など食料を備蓄する家庭が増えています。

この頃ではただ備蓄するだけではなく、日常的に利用している食品を多めに購入して消費、買い足ししながら蓄えましょうと言う、ローリングストック方式の呼びかけも広がっています。そこで、消費しながら水を備蓄するにはウォーターサーバーが最適。

普段の飲み慣れた水を、消費しながら蓄えられます。ペットボトルのように消費期限が過ぎたり、慣れない水の味を受け付けなかったりと言うトラブルも避けられます。

ウォーターサーバーは通電して冷水、温水の温度を保っていますが、停電しても水を出すことが出来るサーバーは、災害時の強い見方になります。

災害時一人一日3リットルの水が必要だと言われています。もしもの時、ウォーターサーバーのボトル12L入りが家族の人数分あれば、水は4日間安心と言うことになります。

水は、送料無料で自宅に届けてもらえますので、重いペットボトルの買い出しや、空のペットボトルの保管やゴミ出しからも開放されます。

緊急時の際、お水を確保するためにすごく便利なのが、ウォーターサーバーです。たくさんのメーカーや、業者から提供されています。これから、我が家でも導入したいと考えている場合は、メーカーや業者の特徴を比較してから申し込みをしましょう。

なかには、ペットボトルや缶などの一般的なドリンクを販売している有名なメーカーから提供されているタイプもあり、普段からよくお茶やジュースを飲む方には良いかもしれません。

比較をするにあたりまして、お水の成分・産地・お値段に注目してみると良いでしょう。ほとんどの場合は、サーバー本体がレンタルになりますが、レンタル料金を無料で提供している業者もめずしくありません。

サーバーのレンタル料は無料、12L入りのボトルは1本1000円未満~と手ごろな価格の会社もあります。今は、取り扱っている会社が沢山あります、ライフスタイルに合ったものを探し、防災対策の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。