美味しいお水と社会のつながり

ウォーターサーバーを契約することによって命が救えたり、信頼関係を築くことができます

ウォーターサーバーの設置でできること

動物の命が救われます

1パック7.2リットルの水を設置するだけで、社会貢献にもつながるところもあります。レンタル料は無料で、お水の分を支払うだけで、ペットの命を救うプロジェクトを行っているところもあります。

現在はペットブームでもあり、多くの家庭でも家族同然に飼う人が増えています。犬や猫にも、天然水を飲ませて、健康に気遣っている飼い主も多くいます。こちらのウォーターを利用することで、一ヶ月に一頭の命が救われる仕組みとなっているのです。

犬や猫の保健所での殺傷処分は20万頭以上と言われています。小さな命とはいえ、助けられるのであれば、できるだけしたいもの。そういったことから、社会貢献の1つとして、ウォーターサーバーのメーカーも動きただしたのです。

一杯の水で得られる信頼関係

このごろ、病院や薬局などにウォーターサーバーを設置している店舗をよく見かけます。思わぬ長い待ち時間にも、無料で水分補給ができると心にゆとりができます。たまに、まだ設置されていない病院に行くと、自動販売機でジュースやコーヒーなど、病気の時には欲しくない飲み物しかなくて困ることがあります。病院では1~2時間以上診察待ちをすることも多いので、体調が悪い時に水分補給なしで待ち続けるのはとても苦痛です。

体調が悪い方や小さな子どもさんは、特に小まめな水分補給が必要です。ウォーターサーバーのない場所で、のどが渇いたと不機嫌になるお子さんをよく見かけます。こういう事が重なると、そこはお母さんにとっても子どもにとっても「行きづらい場所」となり、年配の方は、待ち時間が長いことにクレームをつけることもあります。たった一杯の水をお客様に提供する事で避けられるトラブルもあります。

待ち時間が必要な、病院や店舗の経営者の方は、導入を検討してみてはいかがでしょうか。経費は必要ですが替わりに、お客様からの「感謝」を得ることができます。

ウォーターサーバーが一台置いてあるだけで「お待たせして申し訳ございません」と言う経営者の気持ちが伝わるのです。「待たされている」事を分かってくれているなら、こちらも待ちましょうとお客様も穏やかな気持ちになるものです。

無料で設置できるお試し期間がありますので、一杯の水の効果を是非お試しになってみてください。