赤ちゃんに使えるウォーターサーバー

赤ちゃんの身体は大人よりもデリケート。だからこそより安心できる、ウォーターサーバーの水がおすすめです

大人と赤ちゃんでは確認すべきポイントが違います

近年は妊娠・出産を契機にして、ウォーターサーバーを購入しているご家庭が増えています。ただし、赤ちゃんのミルク作りなどを目的に導入されるのであれば、赤ちゃんのことを考えてサーバーを選びたいものですよね。

そこで今回は、赤ちゃんに最適なサーバーとはどのようなものなのかについて、見ていくことにしましょう。まず、ウォーターサーバーに使われている水の種類には、軟水のものと硬水に近いものがあります。赤ちゃんに望ましいとされるのは軟水です。硬水はどうして望ましくないのでしょうか。

ミネラルを豊富に含んでいる硬水には、マグネシウムなどが含まれています。このマグネシウムは、腸の機能が未発達な赤ちゃんにとっては、下痢を引き起こす原因となってしまうので、できれば多く与えるのは控えたい成分なのです。

そのため、ミネラル、特にマグネシウム含有量の少ない軟水の天然水かRO水を選ぶことが良いとされているのです。大人にとってはマグネシウムは便秘の解消になったりと良い点もありますが、赤ちゃんをメインに考えるのであれば、選択に気を付けて下さい。

また、赤ちゃんが大きくなってから、お湯を過って出してしまわないように、チャイルドロック機能の付いたウォーターサーバーもオススメです。そして、最近のメーカーではほとんどの業者でチェックされていますが、放射性物質の検査を行っている業者のものを選ぶと良いでしょう。できれば月1回など検査の頻度が高いメーカーはより信頼できます。

水以外のこともチェックしましょう

安全で美味しい水を得る方法として、最近特に注目が高まっているのがウォーターサーバーです。設置しておくといつでも、冷水、温水を楽しむことができ、水は自宅まで届けてもらうことができます。

今は、業者も実に多く登場しており、選択肢も増えましたが、それだけにどこの商品を選んで良いのか、悩んでしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。まずは、各業者がどのような水を用意しているか確認しておきましょう。

ろ過水を用意している場合もあれば、天然水が用意されている場合もあります。それから、サーバーの大きさやデザインも大切です。最近は、卓上型やスリムタイプなど、よりコンパクトなものも出ていますので、サイズはよく確認し、設置場所も確保しておきましょう。デザインや色合いも、インテリアの雰囲気と合っているものを選んでおけば、違和感なく設置することもできます。

維持費も比較しておきたいので、サーバーのレンタル料が必要なのか、水の価格はどれぐらいか、メンテナンスに費用がかかるのかよく比較しておきましょう。

さらに、水の交換の際に、無理なく簡単に行えるかも調べておきたいところです。水は上部にセットするものもあれば、足元など低い部分で水を設置できるタイプもあります。ボトルも使い捨てタイプと、回収するタイプがありますので、こちらも確認しておきましょう。

小さいお子さんがいる家庭の場合は、チャイルドロックなど安全面についても、充実しているか確認しておきたいところです。