ウォーターサーバーの導入時にチェックしておきたいこと

ウォーターサーバーを選ぶときに水にこだわるのはもちろんですが、維持費や管理面もしっかりと確認しましょう

チェックするのは水だけではありません

安心・安全な水を求めて、美容や健康に関心の高い方を中心に、自宅にウォーターサーバーを設置する方が増えています。いつでも自宅で安心な水を飲むことができるため、安心して暮らせるようになった、料理も美味しくなったと喜ばれているユーザーもたくさんいらっしゃいます。これからウォーターサーバーを導入するとしたら、どのようなことに注意すればいいのでしょうか。

まずチェックしておきたいのが、どのような水なのかということです。安心して飲める安全な水でなければ設置する意味がありません。不純物など入っていない、安心な水であることが大切です。多くの業者では、細心の注意を払って安心な水を提供しています。

後は、日本全国どのような水でも楽しむことができますから、自分の好きなテイストはどこなのか、それともRO水のような純粋が良いのか、自分の気持ちと好みで選びましょう。

次にチェックしたいのがレンタル料です。レンタル料だけでなく、入会金や解約金がかからないのかちゃんとチェックしておきましょう。そして、長期間利用する場合、どうしてもメンテナンスが必要になります。

メンテナンスの時の費用もチェックしておきましょう。導入をする場合、どうしてもレンタル料にだけ目が行きがちですが、トータルでいくらくらいの費用がかかるのかが大切です。

さらに重要なのが衛生面でしょう。最初は衛生的であっても、長期利用でも衛生的に保たれるのかも大切なポイントです。

管理面で選ぶウォーターサーバー

ウォーターサーバーを導入する場合、どういったファクターを重要視するかで、選択の幅が決まってくるのではないでしょうか。セットされる天然水にこだわりたいのか、あくまでもコスト重視なのか、あるいはサーバーのデザインやサイズが大切という考え方もあるでしょう。

また、管理面でウォーターサーバーを選ぶというのも一法かもしれません。すなわち、水の容器の保管や、サーバーのメンテナンスといった要素です。

最近の水の容器は、大きく二種類に分かれています。一つは従来からある回収が必要なガロンボトルで、もう一つは回収不要なワンウェイ方式の容器です。

ワンウェイ方式は、柔らかい素材のパックやボトルを使用しているので、空になったら簡単に小さく折りたたむことができます。リサイクルゴミとして出せるのもエコで利便性が高いといえるでしょう。

メーカーによっては、サイズの小さい軽量なウォーターパックを用意しており、女性や高齢者に人気となっています。

サーバーのメンテナンスもこまめにチェックが行われたり、年に一回サーバー本体を交換するサービスがあったりと業者によってさまざまです。

こういった管理面でのサービスの違いも踏まえて、コストを考えてみることが大切でしょう。いまや数多くのウォーターサーバーが登場していますので、一つに絞り込むのは簡単ではありません。

利用者の口コミを参考にするなどして、なるべく多くの製品を比較検討することをおすすめします。