家庭用ウォーターサーバーのすすめ

安心・安全・おいしいの3拍子揃ったウォーターサーバーは、一般家庭にこそおすすめ

手軽に美味しい水が飲めるウォーターサーバー

安心で安全な水を確保できることや、美味しいお水を飲む人が多くなり、取り入れる家庭が年々増えています。また、災害時の備えとしてもとても注目されています。

これまで、多くの人がお水をスーパーなどに買いに行き、2リットル入りのものを1ケース買って重たい思いをしてまで運んできました。さらに、天然水を求めて、遠くまでお水を採りに行っていた人もいるでしょう。確かに、天然水は美味しいですから、採りにいった甲斐があったでしょう。ただ、採りにいくにも一日がかりです。

ならば、手軽で費用も安く収まるウォーターサーバーを設置することで、いつも美味しいお水や天然水を飲めます。とはいえ、どこのサーバーにすれば良いのか迷いますね。今は、インターネットでウォーターサーバーの比較や、その人に合ったものを探すことができるサイトがあります。いくつかのメーカーが揃っていて、ランキングまで掲載されています。

また、サーバー使用の機械のレンタルは無料か使用料がかかるか、水の入ったボトルの価格や送料に、使用している水の種類などを掲載しています。自分に合うものを設置したいのであれば、いろんなメーカーのものを比較し検討しましょう。口コミで評判のものもありますし、評価の高いところやコスト面でも設置しやすい価格のところなどさまざまです。

さらに、キャンペーンなども開催しているところもありますので、チェックをするのも良いでしょう。美味しいお水は、普通に飲むだけでなく料理にも使用できます。水が良いと、料理も普段よりもさらに美味しくなります。

自分に合ったウォーターサーバーを選ぶには

日本の水道水は美味しいと、海外では評判ですが、カルキの含まれる水道水は、そのまま飲むにはあまり適しておらず、沸騰させてカルキを抜いても、あえてその水を美味しいと感じる人は少ないと思います。自宅で安全で美味しい水がいつでも飲めたら、それはとても素敵なことです。

ウォーターサーバーは、そんな理想を叶えてくれます。様々なメーカーが、様々な水を提供してくれているので、利用者はその中から、一番自分にあった水を選ぶことになります。ウォーターサーバーを選ぶにあたってどういった選択肢があるのか、述べていきたいと思います。

まず、水の種類があります。大きく2つに分けると天然水とRO水があります。天然水は、ミネラルなどを含んだ水で、RO水は、不純物を限りなく取り除いた純水になります。

更に天然水には、軟水と硬水に分けられます。調乳する際には軟水が望ましい場合など、用途に応じて水を選ぶ必要があります。また、天然水が含むミネラル成分の効果を期待する場合は、ミネラルの種類と含有量を確認し、自分に合った水を探すといいでしょう。

価格については、各メーカーで拮抗していますが、採水地が海外の水は比較的安価な傾向があります。サーバーレンタル代、水の配送代は無料であるメーカーが多いので、あとは選択肢としてサーバーの機能、デザイン性、水の配達一回分の量が自分の使用量にあっているかを鑑みて選ぶといいと思います。

自分が飲みやすいと感じる好みの水があるか、サーバーは使いやすいかなど、自分に合ったウォーターサーバーを吟味したいものです。無料のお試しを各社行っていますので、一度利用してみてはいかがでしょうか。

自分に合った美味しい水と出会えるといいですね。

ウォーターサーバーの導入はトータルコストで判断しよう

ウォーターサーバー導入後のコストは、サーバーは主に無料、12L・1000円~1500円、1か月にかかる電気代は、1000円程度の所が多いようですが、月々の電気代は省エネタイプを選べば、月額350円程度の電気代で済みます。

4人家族の場合、一人1本1200円とすると、電気代も含めて1か月5800円のコストと言うことになります。

レンタル代が無料の業者を選べば、トータルコストはさらに安くできます。このようにウォーターサーバーを選ぶときは水の費用や電気代だけでなく、サーバーのレンタルやメンテナンス関連の料金、解約にかかる費用まで総合的に考える必要があります。省エネタイプのサーバーをレンタルしてくれる業者は便利ですが、その分レンタル代も割高になる点には注意しておきましょう。

サーバーを導入することによって、かえって光熱費が安くなるケースも多くあります。例えば、いつも電気ポットでお湯を沸かしている場合、その必要がなくなりますのでポットにかかる電気代が節約できます。

夏にいつも冷たい水を飲んでいる家庭では、冷たい水を取り出したりしまうために、冷蔵庫のドアを開け閉めする回数も減らせますので、こういった点からも省エネになります。湯沸しのために、ガスコンロを使っている人は、ガス代も節減可能です。

このようなことから、サーバーを導入するとかえって様々な方面にかかる光熱費を効率的に減らしていけます。サーバーをより長く使っていきたいという人は、一定期間レンタルをすれば新しい本体に交換してくれるサービスを提供している業者を選ぶとよいでしょう。

サイト運営者ウォーターサーバー比較@調査隊 おすすめ情報が満載